文字サイズ:
小さく
標準
大きく

ホーム › 教育関係の皆さまへ › 体現型実技演習プログラム › ファイナンス・パーク

ファイナンス・パーク

現在更新中です。少々お待ちください。

概要

ファイナンス・パークは、個人の家計のやりくりを通じて意思決定について学び、進路選択を主たるテーマとする中学・高校生向けのプログラムです。全15時間の総合学科カリキュラムとしてデザインされており、事前学習で習得した知識をファイナンス・パーク(学校の中に作った街)で実際に使いながら、お金と自分に関わる様々な選択を行います。このプログラムの特徴は、生徒が学校で学ぶ知識に加えて、将来、自分が身を置くことになる21世紀の社会で求められる能力を「本物」の環境の中で育もうとするもので、保護者の積極的な協力もプログラムの大切な要素として位置づけられています。

目的

学んだことを単なる知識の蓄積として終わらせるのではなく、その知識を自分のものとして「実際に使える」よう、「自ら考え・意思決定し・行動に移す場」として提供されます。問題解決能力を育む場を提供する目的は、子どもたちが生涯にわたって賢い生活者としての意思決定ができるようその素地を培うことにあります。

構成

生活に関する基礎項目を、8時間の事前学習で学んだうえでファイナンス・パークに行き、お金についての様々な意思決定を体験します。ファイナンス・パークでは、いくつかのビジネスブースが設置されており、6時間にわたって生徒はそれぞれに与えられた人物像(例:30歳、既婚、子ども一人、年収650万円など)から、月間純所得を計算した後、各ビジネスブースを回り、予算項目について情報収集と意思決定を行っていきます。意思決定を行う時、できるだけ多くの情報を収集してどのような選択肢があるのかを考え、その上で自分の収入に見合った支出レベルを意思決定します。最後にその決定に基づいた支払行為を行って自分の収入と支出のバランスを知ります。

導入をお考えの先生、学校、教育委員会、企業の皆様へ

現在展開中のファイナンス・パークは、品川区教育委員会及び京都市教育委員会との共催事業です。当該教育委員会管轄以外の学校及び先生からのお申し出にはお答えできておりません。

教育委員会(都道府県、市町村)単位で導入にご関心またはご検討される場合にはご連絡下さい。

企業の皆様で、ブース出店または社員ボランティアの参加、派遣、広告等ご希望の際には、お問い合わせ下さい。

実施場所

  • 品川区立小中一貫校品川学園内/品川区教育委員会との共催
  • 京都まなびの街 生き方探究館内/京都市教育委員会との共催
  • いわき市体験型経済教育施設 Elem(エリム)/いわき市教育委員会との共催
  • 仙台子ども体験プラザ ‐Elem/仙台市教育委員会との共催

Partners of Shinagawa FINANCE Park

会員企業

  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 株式会社産業経済新聞社
  • 株式会社NTTドコモ
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社フォーシーズ
  • 株式会社大和証券グループ本社
  • フォルクスワーゲン・フィナンシャル・サービス・ジャパン株式会社

Partners of KYOTO Finance Park

会員企業

  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 三井不動産株式会社
  • 株式会社大和証券グループ本社

Partners of IWAKI Finance Park

会員企業

  • ひまわり信用金庫
  • 株式会社タイヘイドライバーズスクール
  • クリナップ株式会社
  • いわき信用組合
  • 株式会社いわや
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社NTTドコモ

Partners of SENDAI Finance Park

会員企業

  • KDDI株式会社東北総支社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 株式会社大和証券グループ本社
参加募集中のプログラム
学年別おすすめプログラム
目的別おすすめプログラム
体験型実技演習プログラム
コンピュータ・シミュレーション

Follow Us !

  • facebook

Follow Us! Instagram

  • ジュニア・アチーブメント日本のウェブサイトは、EWMジャパン様に構築、デザイン、運用、更新等オールラウンドにお世話になって おります。そのご支援に対しまして感謝の意を表しますとともにご紹介申し上げます。
  • QATAR FRIENDSHIP FUND -カタール フレンド基金-

(c) 2000-2018 Junior Achievement Japan. All Rights Reserved.